« に じ | トップページ | ぐったり »

ストーマのパウチ交換

大ちゃんと私の1週間のスケジュールが決まりました。
月曜日 ― 洗髪(ベットの上で)
火・金曜日 ― 沐浴&ストーマのパウチ交換
                       以上!
それでもお世話することがあるというのは嬉しいものです。

沐浴といっしょの日に行うのがストーマパウチ交換ですが、これだけは普通の赤ちゃんのお世話とはちょっと違うところです。
Imgb061010a Imgb061010b 大ちゃんのおへその横には、つやっつやした小梅ちゃんがちょこんとついてます。これがストーマ(写真左)。ストーマとは人工肛門のことで、この小梅ちゃんこそが大ちゃんのお尻の穴なのです(^^;ゝ で、パウチ(写真右)とはストーマの上に被せて、うんちを溜めておくための袋。
大ちゃんは生後4日目にお腹に水が溜まってしまい緊急開腹手術をしました。腸にいくつかの穴が開いていたのです。その時にストーマをつくりました。
ストーマとパウチの間には、スキンバリアという保護材を一枚貼ります。それがないとうんちが直接肌に当たって肌が荒れてしまいます。
ストーマ側にもテープが着いていて、それも直接肌に貼り付けパウチを固定します。
その保護材とテープのべたべたはリムーバーというものを使って落とすのですが、それだけではなかなか落としきれません。ですが、お湯と石鹸を使うとかなりきれいに落ちます。
そんな理由があって、沐浴とパウチ交換を同じ日に行うことになったのです。

こども病院にいたころ、看護婦さんにパウチ交換のお手伝いを何回かやらせていただきました。そして転院し最近では、ほとんど自分ひとりでできるようになりました。
大きい声では言いませんが、たぶんNICUの看護婦さんのなかでは誰よりも私が一番うまーーい!かもしれない。(看護婦さんごめんなさいm(- -)m)
でも、こんな小さな赤ちゃんでストマをつくっている子ってそんなにいないですから、慣れてなくて当然なんですけどね…。

実は大ちゃんのストーマって、とってもキレイだって褒められるんです。ストマを自慢するなんて私も相当親バカですが…。『こんなキレイなストーマ見たことない!』って言ってくれる看護婦さんもいて…。
私は他のストーマを見たことがないので、何がきれいで、何がそうでないかよく分かりませんが、とにかく褒められるってことは親としてはうれしいことです。まぁ、お尻の穴を褒められていると思えば、いささか変な気はしますが…。
これからも肌トラブルがないよう、ストマのお手入れには十分気をつけなくっちゃ!!

|

« に じ | トップページ | ぐったり »

大ちゃんの成長日記」カテゴリの記事

コメント

ワタシはストマの事は分からないけど。。。
ヾ(_ _。)ゴメン
デモ。。。大チャン頑張ってるねー♪(*^-^*) ニッコリ☆
こんなに小さい体で。。。凄いよ!
ワタシも負けていられないねー
頑張らないと!

いくら看護士でもやっぱ親の愛には勝てない!
ダカラ。。。たけちゃんが大チャンのパウチ交換は一番うまいんだと思うよー♪
v(★≧∇≦)v イエェェェェイッ♪


投稿: ルキママ♪ | 2006年10月14日 (土) 08時33分

ルキママ♪さん
いつも温かいエールをありがとう(*^-^*) やっぱり親の愛が一番強し!ですよね!
パウチの交換は、オムツの交換と同じことだから、当たり前にできるようにならなくちゃって思ってやってます。
でも本当は、腸を戻す手術をいつかしたのだけど、麻酔とかやっぱり本人に負担になることだから…ひとまず保留です。。。

投稿: たけちゃん | 2006年10月14日 (土) 11時24分

こんばんは だいちゃん!
だいちゃんのパウチの話し、みっき~は知らなかったのでまた一つ勉強になりました!
何でも知らなかったことを知るって、ヨイことだと思います。
今週こそだいちゃんに会いたい~♪
だいちゃんのママは無理をするな無理をするなって言うけれど、無理なんか全然してないからね!!会いたいと思って時間の都合がついたときに飛んでっちゃうだけ!
あ、「飛んでく」ってだいちゃんの住むところの言葉なんだよ~

投稿: みっき~ | 2006年10月14日 (土) 22時12分

こんばんは おじゃまいたします(^^)
キレイなストマ。。。だいちゃん気持ちいいですね♪
ママにお世話されて触れられているだけでも、やっぱり看護師さんとは違うナーと思います。愛情って必ず伝わると思うし(^^)

投稿: あんず | 2006年10月14日 (土) 22時39分

うふふ、私も三男の鼻チュー(マーゲンチューブ)の挿管は、看護師さんより上手いと密かに自負しています。
きっと、在宅経管栄養子のママはみんなそう思っていると思うけど♪

大ちゃんの腸の手術をするまで、世界一きれいなストマを目指して頑張って下さい!

投稿: はるみ | 2006年10月15日 (日) 14時53分

みっき~へ
いつも忙しそうなあなただから、無理をしないでねっ!思っているの…。でも、みっき~はじめ、周りの友達がいつも大ちゃんのことを気にかけてくれること、本当に感謝しています!ありがと(^-^)
いつでも会いに来てね~。

あんずさん
遊びに来てくれてありがと~ございます!
嬉しいですっ(≧∇≦)
私の場合、べたべたを絶対落とさねばっ!て力を入れすぎてしまうせいか、大ちゃんに怒られちゃう時もあるんですよね…(^-^;)愛情込めて、もっと優しく…気をつけます。

はるみさん
鼻チューは口からよりも難しいんですよね?さっすが!ですね!!もし、大ちゃんが在宅になったあかつきには、ご指導のほどよろしくお願いいたしますm(^-^)m
私もパウチ交換では誰にも負けないわっと言えるよう、鍛錬します!

投稿: たけちゃん | 2006年10月16日 (月) 08時57分

パウチ交換やマーゲンチューブ挿管など医療行為と呼ばれるものも、この子たちや家族にしてみれば、排泄や食事、日常の生活なんだよね。
だから、私も息子の痰の吸引は、誰よりもうまいと自負しています!

先日は気管カニューレの交換、いつものドクターではなかったの。それが、下手で下手で見ていられませんでしたわ。つい、「手伝いましょうか?」って、手伝ってしまいました。
わざわざ、そのために病院まで連れて行っているのに(仕事休みとって)、自分でやった方がマシ、って・・・・・・

こんな生意気な親でごめんなさい!(でも、新人ドクター、がんばってね)

大ちゃんにとってはやっぱりママがやってくれるのが一番嬉しいはず。
お世話できることがある、ってことがものすごく嬉しいんだよね。だから、どんどん達人になっていきましょう!!

投稿: しゅうぞう | 2007年11月 6日 (火) 21時43分

しゅうぞうさん。
パウチ交換、今では本当に日常のお世話のひとつで、“オムツを代えるのと同じこと”そう思ってやってます。
大ちゃんと過ごす時間は、看護婦さんやドクターよりも短いかもしれないけれど、“大ちゃんのことは誰よりも私が分かってます!”いつもそう胸を張って言える、そんな母でいたいなって思います。

投稿: たけちゃん | 2007年11月 9日 (金) 10時38分

こんばんわ☆

こんな遅くにですが(苦笑)

うちのベビちゃんいっくんも
生後すぐに、緊急オペをしておなかにコウメちゃんあります(*^_^*)

 今では、交換にも慣れたけど全然未熟なので
常に真剣勝負!

失敗して何回もはがすのはかわいそうだもんね泣ッ

保護剤とかいっさい使わず
ストマギリギリにサイズを合わせてハサミで切って
貼ってるのだけど、、ギリギリ過ぎも良くないのかな。
けど、肌荒れちゃうし(悩)

もし良かったら
何か良い方法があったら教えてください☆

投稿: いっくんまま | 2011年7月28日 (木) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186926/12261576

この記事へのトラックバック一覧です: ストーマのパウチ交換:

« に じ | トップページ | ぐったり »