« サンタがやってきた! | トップページ | おめでとうございます。 »

体調が悪いです&6ヶ月です

昨日、大ちゃんまたも炎症反応が出てしまいましたー(゚Д゚;)CRPの値は5。原因は??(不明)。末梢から点滴による抗生剤が投与されました。
おしっこもあまり出ていなくて、利尿剤が1回分多え、ミルクの量が減りました(55㏄→40㏄×8回)。心臓の動きを診るためにエコーでみたら、少し心臓の動きが弱くなっているとのこと…。これが何よりも一番心配です。
昨日の大ちゃんは、とっても顔色も悪く、SpO2の値も低くて、酸素は30%まで上げていました。心拍数も早くて、おまけに前の夜からずっと眠れていませんでした。何とか眠って欲しくて、抱っこをして音楽を聞かせたり、トントンしたり…。でも、何をしても眠れず、本当にとっても、とってもしんどそうでした。3時間くらいがんばりましたが、とうとう眠れなかったので、主治医に言うと「眠れないと大ちゃんの体に負担がかかるから…」と、眠る薬(トリクロ)出してくれました。投与してやっと眠れました。でも帰り際、どうも熱いな、と気になって熱を計ると39℃もありました!
家に帰っても不安で、夜中に電話をしてみると、お熱も少し下がり、心拍数も落ち着いていて、徐々に連続して眠れるようになってきているとのこと…。私も安心して寝ました。

そして、今日、面会に行くと昨日と違って、大ちゃんは顔色もよく、いつものようにゴニョゴニョと手遊びもしていました。まだ少し熱はありますが、回復に向かっているようなので、さらに安心しました。

でも、ここのところの大きな心配事がもうひとつ…。それは無呼吸です。以前よりも顕著にその症状が表れています。
リプルの量が増えた後、自発にしている時間が増えたと以前書きましたが、自発でいると寝入りにSpO2の値がストンと落ちます。あっ、今呼吸を止めた!というのが分かります。今まで、徐々に下がることはあっても、急激に下がることはなかったので、正直その瞬間は焦ります。今までも同じような発作はあったのかもしれないけれど、呼吸器につながっていて、分からなかっただけなのかもしれませんが…。
そして、熟睡してしまうと、すっかり呼吸器に同調(呼吸を器械に全て任せてしまうこと)しています。熟睡している時は、完璧に呼吸をしていないのです。

手術を前に不安材料がたくさん…。こんな状態で手術をしていいのだろうか?看護婦さんに「手術の変更は可能だからね…」そう言われ、少し気持ちが楽になった自分がいたのも否めません。大ちゃんが、頑張ってくれると信じたいのですが、本当に大丈夫なのか?誰も答えを持っていません。持っていないから、私たち夫婦で決めるしかないのですが…。

それから、遅くなりしたが、26日で大ちゃん6ヶ月になりました。
Imgb061226_1 体重 4,432g 身長 59.0cm
頭囲 36.5cm 胸囲  36.2cm
体重はちょっと増えすぎです。今日は4,400gでした。
↑看護婦さんいつもありがとう!

無事に6ヶ月を迎えられたこと、本当に嬉しく思います。

|

« サンタがやってきた! | トップページ | おめでとうございます。 »

大ちゃんの成長日記」カテゴリの記事

コメント

大ちゃん、6ヶ月おめでとう!
相変わらず大ちゃんは大きいねー。
うちの三男の母子手帳を見たら、6ヶ月の時は大ちゃんより1キロも少なかったです。

呼吸を止めてしまう時間が増えたのは、不安ですよね。
何が原因なのか、手術にどう影響するのか、明らかにしてから手術を受けたいところですね。
もちろんドクターも見過ごすわけはないと思うので、判断はドクター達にお任せするしかないのかなと思います。
もし、もしも今回手術が受けられなくなったとしても、きっといつかタイミングの良い時が巡ってくると信じています!

投稿: はるみ | 2006年12月30日 (土) 15時23分

はるみさんへ。
無呼吸の原因、Drは“もともともっている体質”としか考えていないのでは…?って感じです(´_`;)
今、一番心配なのが“心臓の動きは弱くなっている”ことです。今後のこと、ドクターとよく相談して決めていきたいと思っています。今は炎症反応が治まることが第一です…。

投稿: たけちゃん | 2006年12月31日 (日) 08時49分

大ちゃん、6ヶ月おめでとう!

心臓、心配ですね。
呼吸が不規則だと、心臓に負担が掛かり、心臓が弱ると、呼吸が大変になり・・・(/TДT)/あうぅ・・・・
手術出来るといいですね。
でも、耐えられる状態でなければ、リスクは上がり、心配ですね。
それでも、手術で良くなることを思うと、早く手術した方がいいのではないかと、親だからこそ悩みますよね。

寝ている時、呼吸を止めてしまう・・・・娘も、0歳の入院中はそうでした。
寝てる時に聴診器で肺の音を聞くと、呼吸器による酸素が入っていくサーーーッとした音しか聞こえなくて、Drも看護婦さんも凄く心配していました。
娘も、熟睡時や辛い時は、呼吸を機械に頼ってしまうようでした。
私は夫と、「楽をして、今のうちに体力を付けているんだ。」と前向きに考えるようにしていました。
4ヶ月後、なんとか呼吸器が外れて、退院して、在宅酸素になってからも、酸素量を下げていくうちに、夜の無呼吸が目立つようになって行きました。
夏に酸素が外れた時なんか、夜サチュレーションがよく鳴りました。
今思うと、常時酸素をしていたので、それまでは目立たなかったのかもしれませんね(ってたけちゃんのを読んで、今頃気づいたのかって?汗)。
娘の場合は、9月の睡眠時無呼吸の検査で「中枢性」の無呼吸症候群だと分かったので、成長で中枢神経が発達していけば、徐々に無くなっていく可能性もあると言われました。
大ちゃんの夜の無呼吸も、成長と共に無くなっていくものであったらいいですよね。

投稿: あんず | 2006年12月31日 (日) 12時31分

大チャン、6ヶ月
(*^ー^)/゜・:*:オメデトウ:*:・゜\(^ー^*)
毎回、こうして1ヶ月が早く感じるね。。。

大チャン、その後どうですか??
炎症反応、下がったかな?
心配してます(/д\*)ウゥ…
早く、元の値に戻りますように。。。

ルキヤも今日、発熱してしまいました
(´・ω・`)ガッカリ・・・
デモ、頑張ってます!
大チャン&ルキヤが早く元気になって
新しい年を、嬉しく迎えたいねー
(*⌒ー⌒*)

投稿: ルキママ♪ | 2006年12月31日 (日) 13時34分

あんずさんへ。
娘さんもそうだったのですか、少し安心しました…(こんな言い方でよいのか?)大ちゃんも月齢とともに徐々に落ち着いていってくれると嬉しいのですが…。でも、産まれた時より、頻繁に出ているのが気になります。
睡眠時無呼吸の検査というのがあるのですね。大ちゃんもずっと続くようなら、いつかお願いしてやっていただこう!
呼吸器にお任せ時は、本当“楽をしてる”って感じです。あんずさんのように、今はしんどい時期だから、呼吸器に力をちょっとお借りしてるんだって考えたら気が楽りそうです。

ルキママさんへ。
ルキくん、心配です。でも今年はお家で過ごせているみたいで、よかった。
今年もいろんな困難があるかもしれませんが、お互いボチボチと楽しく乗り越えていきましょうね~♪ルキくんも早く元気になりますように!!

投稿: たけちゃん | 2007年1月 1日 (月) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186926/13251648

この記事へのトラックバック一覧です: 体調が悪いです&6ヶ月です:

« サンタがやってきた! | トップページ | おめでとうございます。 »