« 気切をするということ。 | トップページ | うまく言えませんが… »

結局…

昨日は大きな地震がありましたね。
みなさんの住んでいるところは大丈夫でしょうか?

私の住んでいるところは、震度5でかなり大きく揺れました。
初めは小刻みに揺れ、その後は大きく横に揺れ、家の柱もミシミシと音を立てていました。恐ろしかったです。
大ちゃんのいるところは、病院の5階なので、そちらもかなり揺れたみたいです。
でも、呼吸器などの器械に不具合が生じることもなく、大ちゃんはじめ入院中の赤ちゃんは、誰ひとり泣かずにいい子でいてくれたみたいです。よかった(*^^*)
幸いこちらは、建物など大きな被害はありませんでしたが、もし、大ちゃんがお家にいて被害があったらどうしたらいいんだろ…停電したら、呼吸器や酸素やモニターの電源はどうやって確保したらいいんだろ…そんなことを真剣に考えた1日でした。
被災した方がたは、今も大変は思いをされていると思います。1日も早い復旧を祈ってやみません。

さて、この前の気管切開の話の続きです。
麻酔科の先生からの最終的な返答があり、そのことで先週の木曜日、面談がありました。
結局、今の病院の麻酔科の先生たちで話し合った結果、『大ちゃんに麻酔をかけることはできない』そういった結論になったそうです。
最大の理由は、『心臓に疾患があること』。
以前から書いているように、今大ちゃんはエコーによる心臓の評価ができない状態です。そのことがより一層困難にさせているようです。
あとは、『経験がないこと』。
13トリソミーの子に麻酔をかけた経験が今まで一度もないので、麻酔をかけたことによっていったいどんな影響がでるのか分からないということでした。
やはり、手術を受けるのであれば、こども病院にお願いした方がより安全だろう、そういう結論に至ったようです。
それから最後には、息子のような心疾患があると、麻酔をかけることによって、どんなリスクがあるのかも詳しく聞きました。かなり大きなリスクだいうことが分かりました。

いろんな思いが駆け巡って、この面談中、思わず泣けてきました。
また、スタート地点に逆戻りかと…そう思って泣けてきました。

でも、帰り際、お父さんが、凹む私に「お母さんなんで泣いてたの?もう何もできないと思った?そんなことはないよ。また必ずチャンスはくるよ」そう言ってくれました。
相変わらずポジティブなお父さん。お父さんの言うと通りですわ。

それより何より、最近の大ちゃんは絶好調!
それが一番の救いかな?
ラコールに変わってダイエット作戦が成功し、体重が250gくらい減りました。それで体への負担が減ったのか、心拍、SpO2も良値で、おしっこも結構出ています。
表情もと~ってもよくて、ときどき口角が少しだけ上がり、“あは~”って顔をしてくれます(まだ“ニコッ”ではない)。
Imgb070715 そして、お祈りポーズも復活して、両手をいっしょに動かして、ご機嫌よく遊んでいます♪
母は、ずっとこんなにいい状態が続くのであれば、このまんまでもいいのかな…そんな気持ちにさえなってきます。
でも、そんな訳にはいきません…。
これから改めて、気切について、心臓の手術について、また考えていかないといけないと思っています。
Imgb070715b_2
以前のお祈りポーズと違うところは、自分の手を目で追うところ。
これもちょっとした成長の証かな?うれしぃ~♪

|

« 気切をするということ。 | トップページ | うまく言えませんが… »

大ちゃんの成長日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ

大きな地震でしたね。
私の住んでいる所も数年前に大きな地震(震度6強)があり、それは恐ろしい思いをしました。海沿いなので、津波もありました。
そんなことを思い出していたら、昨夜地震がありました。やっぱり、みらいちゃんのことを思います。しかも、お家から病院まで片道1時間です。たしか、前の地震の時は道路があちこち寸断され目的地に辿り着くのに迂回迂回で普段の二倍も三倍もかかりましたっけ・・。

うちの病院も、全身麻酔についてのリスクについてはかなり大きいと説明されました。手術については、ご存じの通り予定もなく、前例もないそうです。
本当に難しいですね、、なんとか自分の可愛い子供を楽にしてあげたいけれど、お医者さんも分からないことが多いんですから。
でもでも、だいちゃんが元気そうでなによりです。
みらいは、お薬で眠りっぱなしですが、ひと山は超えられたみたいです。
私も、また振り出しに戻った気分でガックリしましたが、ちょっとしたみらいの好転?に少しだけ、ほっとしています。

お父さんの、チャンスはまたくる。・・・
私も、そう思います。だいちゃんにも、みらいにも、きっと。そのチャンスを逃さないように、見守っていきたいです。

投稿: ポン子 | 2007年7月18日 (水) 01時29分

たけちゃん、気落ちして体調くずさないようにね。
私もお父さんと同じく、だいちゃんが元気になってきたら、先生方も、「この子は手術に耐えられる!」って変わってくると思うよ。

だいちゃんも、、今は手術したくないのかな。。
晴香は、何かをすすめようとすると
無言の抵抗にあうので、ふとそんな風におもってしまいました。

顔の表情がかわってくるということは、
だいちゃんに体力的にも余裕があるということなんでしょうね。
私もだいちゃんが調子いいととってもうれしいです。

投稿: いずみ | 2007年7月18日 (水) 08時57分

ポン子さんへ。
数年前、津波を伴う大きな地震がありましたよね。ポン子さんのところも大きな影響があったのでしょうか…。本当に誰にも防ぎようがないから恐ろしいですよね。
災害に備えて、しっかりと準備をしておかなければいけないなと、改めて思いました。

みらいちゃん、順調に回復に向っているのですね…よかった。ほっとしました。
みらいちゃんは、今回のことでとてもしんどい思いをしてしまったかもしれませんが、これを乗り越えてまた更に強くなったはず。また一歩前へ進んだのだと思います。
大ちゃんもひと山、ふた山こえてここまできました。でも、その中で小さいけど、確実に成長はみられます。
みらいちゃんも、きっとそう。少しずつだけど、しっかり力をつけている最中だと思います。お互い、長い目で見守っていきましょうね。

いずみさんへ。
そうですよね。こどもって本当に敏感です。話が分からなくても、周りの雰囲気をちゃんと感じているんですよね…。
大ちゃんも転院の日が近づくといつも体調崩てましたしっ(><)

でも、はぁちゃん本当にいよいよですね。
私も自分のことのようにドキドキしています。
当日、そちらに行きたいくらいです。

投稿: たけちゃん | 2007年7月20日 (金) 10時13分

お邪魔します。
モウ子の母、モウマです。
少しずつですが、以前の分のブログなども読ませていただきますね。ヨロシクお願します。

手術の件ですが、モウ子の場合も、麻酔科の先生が一番気にしていたのは、やはり心臓の状態と無呼吸の事でした。(13トリソミーの診断前でしたが…)
きっと、大ちゃんの心臓の状態が改善してくれば、お父さんの言うとおり、チャンスはやって来るんだと思いますよ。今は、逆戻りのような気になってしまっても、それはもしかすると、前に大きく進む為の助走かもしれないですしね。

それにしても、大ちゃん、可愛いっすね☆
先日の動画、拝見しました。可愛すぎます!クリクリおめめが最高~!そしてちょっぴり、モウ子がNICUにいた頃を思い出しました。
以前、小児科の先生にこんな事を言われました。
「NICUの子はとんでもなくガッツがあるんだよ。ガッツがあるからNICUにいる。だから大丈夫!」って。
私は、本当にこの言葉に勇気付けられました。
だから、大ちゃんも大丈夫!
微力だけど、応援させてくださいね。

投稿: モウマ | 2007年7月20日 (金) 19時37分

モウマさんへ。
遊びにきていただいてありがとうございます♪嬉しいです。
大きくジャンプする前の助走…、そうかもしれないですね。そう考えると気持ちが前向きになれます!モウマさんありがとう。
モウマさんはとっても前向きな方だなぁ、って、コメントやモウマさんのブログを読んでいて感じます。
これからもいろいろとお話できたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!
またモウマさんのブログにも、遊びに行かせていただきますね♪

投稿: たけちゃん | 2007年7月21日 (土) 19時12分

モウ子のブログへのコメント拝見しました。
向こうにも書いたのですが、私のブログなんかでよければ、遠慮なくリンクしてやってください。

こちらこそ、これからもヨロシクです。

ちなみに、前向きなだなんて、嬉しいお言葉を頂いちゃいましたが、私は、決して強い人間ではないです。
だからブログで弱音を吐きまくって、失望させたらごめんなさい。(笑)

投稿: モウマ | 2007年7月25日 (水) 23時46分

モウマさまへ。
返信が遅くなりましたぁ~!ごめんなさい。
リンクはらせていただきました。
私もブログで弱音ばかりはいてます…。私の方こそしっかりせい!って思わせてしまうことばかりのブログですが、これからもどうぞよろしくお願いしますね。

投稿: たけちゃん | 2007年7月28日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186926/15786846

この記事へのトラックバック一覧です: 結局…:

« 気切をするということ。 | トップページ | うまく言えませんが… »