« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

家族面会

ご無沙汰しています。
まだまだ暑い日が続きますね。
せめて、夜だけでも涼しくならないもんかしら?そう思う今日この頃です…。
みなさんも体調を崩さぬようお気をつけくださいね。

さて、ご心配をお掛けしましたが、大ちゃんは随分回復してきています(^^)v
今までの経緯をお話しますと…
実はその後の採血で、CRPは結局19.9まで上がっていました。でも、抗生剤がしっかり効いて、その後は10まで下がりました。これで順調に下がっていくのかな…って思ったもの束の間、また14に上がってしまい、その時点で抗生剤が追加されました。そのおかげで、昨日までに6まで下がっています。
その間大ちゃん自身は、比較的ご機嫌もよくて、心拍もSpO2も安定してました。お熱はちょっと高かったですけど…。
でも今回は、前回の敗血症の時の大ちゃんとは、比べものにならないほど(比べるなって?)落ち着いているので、母は少し気持ちに余裕がありました。
このまま大ちゃん順調に回復してくれると思います。

そんな中、お父さんのお盆休みを利用して、家族面会を許可していただきました。
この前の誕生日会の時と同様、その日は大ちゃん個室に移動。
Imgb070816a


まずは、誕生日に主治医の先生からもらった甚平にお着替え♪

(ボク似合う?)

Imgb070816b それから、お姉ちゃんと手遊びをしたり♪




Imgb070816c お姉ちゃんに絵本を読んでもらったり♪



誕生日同様、家族水入らずで楽しい時間を過ごすことができました。
この日は大ちゃん少々お熱があったものの、お父さんが抱っこをして、お姉ちゃんと遊ぶころには安定してきて、ご機嫌よく過ごすことができました。
大ちゃんもきっと楽しんでくれたと思います(*^^*)

貴重な時間を作ってくれた、病院のスタッフのみなさん、今回も本当にありがとうございました!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

CRPが10!

最近ず~っと、絶好調だった大ちゃんですが、一昨日突然、高熱を出しました。
血液検査の結果、CRPが10にまで上がっていました。

一昨日は、マーゲンチューブの交換の日だったのですが、大ちゃんの鼻チューを入れるのは大変難しいらしく、なかなか入らず、相当悪戦苦闘したそうです。
そして、やっと入った後の注入で、少し気管の方にラコールが入ってしまったようなんです。
でも、レントゲンでみる限りは、肺にたくさんラコールが入った感じはなく、CRPの反応は誤嚥による肺炎というより、チューブ交換でかなり大ちゃんにストレスがかかったことによるものではないか、と主治医の先生からの説明がありました。
こういう体が弱っているときは、二次感染にかかる可能性もあるそうです。点滴からの抗生剤がしっかりと効いて、すっきり炎症反応が下がってくれるといいな。

実は、一昨日私は、不眠(暑さによる?)→軽いめまいから、面会をお休みしていました。
昨日面会に行って、大ちゃんのしんどそうな顔を見て、胸が痛くなりました。大ちゃんのこんな顔を見るのは久しぶりだ…。
大ちゃんが一番大変なときに、側にいてあげることができなくて…、大ちゃん、ごめんね…。

昨日はまだ熱が高く、心拍数も170~180台。Spo2はまずまずでしたが、眠れなくてしんどそうでした。私が帰るときにトリクロが入って、その後は夜中もぐっすり寝てくれたそうです。

今日は、私が面会に行ったとき、大ちゃんは寝ていました。
その時は、心拍もSpo2も落ち着いていましたが、少しして起きてモゾモゾ動き出すと、途端に心拍数があがり、お熱も39.2度もありました…。
起きていると痰も多くて、痰を引くとすこし血が混ざったりしています。チューブを入れるときに喉頭展開をして、少し傷がついたのようです。
先ほど(22時ごろ)病院に電話をしたときは、よく眠れていて、心拍もSpo2も落ち着いているとのこと。

敗血症も乗り越えた大ちゃんだ、今回もきっと何事もなかったように、すぐに元気になってくれるに違いない!そう信じています。

Imgb0708012_2 大ちゃん、早く元気になってちょ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

うまく言えませんが…

更新をかなりさぼってしまいました。

うまく言えませんが、自分の中で悶々とするところがあってなかなか書けませんでした。
気切や心臓の手術のこと…、なかなか前へ進めない。
決断を下せない…、息子に何もしてあげれない…、なんだか自分がとても情けなく感じていました。
お父さんは「チャンスはまたくる」って前向きに思っているのに、自分はあれから少し後ろ向きでした。
でも昨日、そんな胸の内を看護婦さん(第二の母)に聞いてもらって、かなりすっきりしました。焦らず、できることから、また少しずつ…がんばります。

大ちゃんはというと…
今までで一番といっていいくらい調子が◎です!
お手てモゾモゾもとっても盛んになってきて、気がつけば、マーゲンチューブ抜きの常習犯です(゚д゚lll)注入中に抜かなければ、それでも問題はないのですが(注入中に抜くと誤嚥による肺炎の恐れがある)、この前の注入中、いつもならミトンをつけて対処しいるのですが、寝ていたので大丈夫かと思い、ミトンを外していたところ、いつの間にか起きていて、チューブを抜いていたそうです…。抜いた後は大ちゃんご満悦(^~^)チューブを手に持って「とったどー!」って顔してたみたいです。幸い肺炎は免れましたが…。

Imgb070801 そこで、打つ手はないかと、看護婦さんが考えてくれて、今度はマーゲンチューブが口→鼻(左)に移動となりました。特に右手が上手に動く大ちゃん、ここならまだ手が届かないのです!お口の周りもすっきりしたし、嫌がっている様子もなしですし、今のところ大成功!です。

それから、更新していない間に、リプルの点滴のPIカテが閉塞してしまいました。
1月に入れたものなので、逆に言えば今まで詰まらなかったのが不思議なくらい。
今まではいつも、カテーテルを抜くときは感染があったときだったので、今回は閉塞でよかったです。
でも、新しい血管を確保するのは大変なこと。なかなかいい血管がなくて、いつも新しいルートを確保する際は、先生方は大変苦労されていました。
でも、今回は2回目のトライで見事いいとろに入りました!!今度は左手です。
(前の主治医A先生へ:もし、このブログを見ていたら…、U先生がんばりましたよーー!)

いろいろと少しずつだけど、成長をみせてくれる大ちゃん。
手や頭をなかなか自由に動かせてあげられなくて、本当にごめんなさい、だけど、調子がよくて、しんどくなくて、いい表情や仕草をたくさん見せてくれる大ちゃん。そんな日常がとっても幸せに思えます。
ず~っと今の状態でいられたらいいな…、そう願う毎日です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »